介護のクオリティ・オブ・ライフ

高齢者を介護しているご家族の方は、本当に大変だと思います。毎日介護をしていると時にはイライラしてしまい、ついつい言葉が強くなってしまったりすることもあるでしょう。後々後悔することもあり、介護を辛く感じていることだと思います。介護におけるクオリティ・オブ・ライフについて、調べてみました。
まず、介護をしている方は、介護を必要としている方の状態を今一度考えてみましょう。寝たきりになってしまったり自分で思ったように動けなくなってしまったりすると、そうなってしまった本人も辛いものです。痴呆でなければ、介護が必要となってしまった状態は本人が一番ショックを受けていることでしょう。それを今一度理解し、本人がどういったことを望んでいるのか考える必要があります。本人がどのような介護を希望しているのかを把握することで自律性を得ることができ、状態が改善する能性もあります。しかし、介護をしていると、日常生活とクオリティ・オブ・ライフを両立させるのは、なかなか難しいものです。しかし、片方だけ向上させても、本人にとっては辛い生活となってしまいます。そのため、できるだけこの二つを叶えられる介護が実現できる様に取り組んでいくことが大切です。
介護というのは家族にとっても大変なものですが、介護が必要となってしまった本人も辛いことでしょう。どのようなことをしてほしいのか・どのような介護を望んでいるのかを常に考え、クオリティ・オブ・ライフが叶う介護が行えるように気を配っていきましょう。そうすれば希望の介護に近づくことができて、充実した生活を送ることもできるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です